ANA 2021年10月31日搭乗分から一部特典航空券が有料に

ANA

2021年10月31日搭乗分から対象空港の特典航空券を発券する際、国内線旅客施設使用料(PFC:Passenger Facility Charge)が徴収されます。

対象航空券

  • 国内線特典航空券(いっしょにマイル割運賃のマイレージ利用旅客を含む)
  • 国際線特典航空券に含まれる日本国内区間
    ※ANA便名のコードシェア便も対象

適用開始日

  • 2021年8月29日以降に発券された2021年10月31日以降搭乗分に適用

支払い方法

  • クレジットカード
    マイルでの支払いは不可

2021年8月28日までに発券した航空券

国内線

  • 発券後の予約変更でもPFCの代行追徴はなし

国際線特典航空券に含まれる日本国内区間

  • 発券後、2021年8月29日以降に予約変更した場合、PFCの代行徴収あり
ANA公式旅行サイト【ANAトラベラーズ】<国内>ANAトラベラーズ遊び・体験トリプルマイルキャンペーン

国内線旅客施設使用料(PFC)

発着空港大人
(満12歳以上)
小人
(満3歳以上満12歳未満)
新千歳空港270円140円
仙台空港230円120円
成田空港450円220円
羽田空港290円140円
中部空港440円220円
伊丹空港260円130円
関西空港440円220円
北九州空港100円50円
福岡空港110円50円
那覇空港120円60円

福岡空港は2020年3月1日以降に購入した2020年3月29日以降の搭乗分に適用。

ANA公式旅行サイト【ANAトラベラーズ】<国内>GO TO TRAVEL キャンペーン

まとめ

手を打てるところは色々打ってきている印象です。
成田空港が一番高い金額で450円です。
往復で利用しても900円なので、それくらいであれば負担しても良いと思う方が多いのではないでしょうか。
マイルで支払いができないのは代行徴収のため、空港にキャッシュで支払う必要があるからだと考えられます。
今後も減便が計画されていますので、サービスが悪くなることはあっても良くなることは少ないでしょう。
利用者の負担が大きくならないような小さな改悪でとどめて頂きたいところです。

最後まで読んでいただき有り難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました