Diners Club が12月で60周年 何が変わる?

Diners Club

日本で最初にクレジットカードを発行したダイナースクラブが12月で60周年を迎えました。
60周年を迎え、変わることをまとめています。

新しく変わること

  1. カードデザイン
  2. コンタクトレス(タッチ決済)に対応
  3. 2021年3月31日までは年会費(24,200円/税込)が無料
  4. 優待サービスが充実
  5. リワードプログラムが充実

カードデザイン

  • 表面はフラット
  • エンボスが消失
    必要な情報は裏面に集約

※新デザインは提携カード等対象外のカードあり

コンタクトレス(タッチ決済)

  • タッチ決済マークのある店で利用可能
  • Apple Payに対応
  • コンパニオンカードも対応

年会費無料

  • 2021年3月31日まで新規入会の年会費(24,200円/税込)が無料

優待サービス

  • ダイナースクラブ厳選ホテル・旅館優待がリニューアル
    部屋のアップグレードやご朝食付きなど
  • 会員限定特別ツアー
    「RAIN SUITE 四季島」を貸し切り
  • ゴルフ優待
    プリンスホテルズ&リゾーツが提供するゴルフ場を特別価格で利用可能
  • Wish ダイニング with マッキー牧元(プレミアムカード)
    予約困難な店の確保
  • 「ビフテキのカワムラ」からの特別優待
  • 名古屋ラウンジ THE TOWER LOUNGE CASHIME
    都度払いで利用可能

リワードプログラム

  • 60周年記念 特別ポイント交換賞品を用意
    第1弾から第4弾まで、Appleやバルミューダ等

参考

まとめ

60周年を迎え各種キャンペーンが強化されるようです。
普段使っている感じだとアメックスの方がキャンペーンは強いように感じますが、2021年がどうなるか期待したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました