トクたびマイル

ANA

ANA 「今週のトクたびマイル」 3月23日発表分 今週から羽田が復活 座席数も大幅に拡大

今週から「羽田」が復活。羽田からは東北以外の地域が対象になっているため、満遍なく地域の選択が可能。今週から特典航空券に利用できる座席数が大幅に拡大されているため、全体的に席の余裕あり。
ANA

ANA 「今週のトクたびマイル」 3月16日発表分 今週も羽田・成田は除外

2020年12月15日発表分を最後にしばらく中止していた「ANAのトクたびマイル」は3月9日から再開。今週も「羽田・成田」は除外されたまま。関西、中部方面からは千歳、函館、那覇、宮古が設定されており、北へ南へお得な旅行が可能に。
ANA

ANA 【復活】今週のトクたびマイル 3月9日発表分

2020年12月15日発表分を最後にしばらく中止していたANAのトクたびマイル。予約時に注意が必要な路線あり。緊急事態宣言を解除している地域が増えたことに伴い3月9日から復活。必要マイル数は12月よりは増加。空席は多いため予約はしやすい傾向。
ANA

ANA 今週のトクたびマイルは当面中止に 1月5日発表分

2020年の12月からは必要マイル数が減り、更にお得に利用できるようになったANAの「トクたびマイル」も、再開未定でしらばらく中止に。当面中止の理由とは。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 12月15日発表分

今週も必要マイル数が大幅ディスカウント。羽田→石垣、仙台→那覇、関西→宮古、長崎の離島がおすすめ。北海道は対象外。必要マイルは3,000マイル→2,500マイル。4,500マイル→3,000マイル。6,000マイル→4,000マイル。7,000マイル→5,500マイル。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 12月8日発表分

今週も必要マイル数が大幅ディスカウント。東京、大阪から那覇、宮古が選択肢に。必要マイルは3,000マイル→2,500マイル。4,500マイル→3,000マイル。6,000マイル→4,000マイル。7,000マイル→5,500マイル。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 12月1日発表分

今週は必要マイル数が大幅ディスカウント。3,000マイル→2,500マイル。4,500マイル→3,000マイル。6,000マイル→4,000マイル。7,000マイル→5,500マイル。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 11月17日発表分

思い立った旅行が通常必要なマイルの半分(例:6,000マイル→3,000マイル)から。各方面から北海道も沖縄もまだ予約可能。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 11月10日発表分

思い立った旅行が通常必要なマイルの半分(例:6,000マイル→3,000マイル)から。今週は北海道から沖縄までバランスの良い路線の設定。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 11月3日発表分

思い立った旅行が通常必要なマイルの半分(例:6,000マイル→3,000マイル)から。羽田からは北海道、関西、九州、沖縄、各方面が充実。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 10月27日発表分

通常必要なマイルの半分(例:6,000マイル→3,000マイル)から弾丸旅行に行けます。今週は九州方面が充実しており、関西方面からは北海道も沖縄も設定されています。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 10月20日(火)発表分

通常必要なマイルの半分(6,000マイル→3,000マイル)で旅行に行けます。関空からは千歳も那覇も行けます。 各空港から那覇が設定されているため、バランスの良い行き先になっている印象です。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 10月13日(火)発表分

今回のトクたびマイルは北海道、沖縄が充実しています。
ANA

ANA 今週のトクたびマイル 10月6日(火)発表分

片道3,000マイルから、通常必要な半分のマイルで旅行が楽しめます。1万円のキャッシュバックがある羽田→能登がおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました