Softbank 「LINEMO(ラインモ)」を発表 KDDIの「povo」と横並びに

Softbank

Softbank on LINE」が「LINEMO(ラインモ)」として正式に発表されました。

サービスについて

サービス開始日

  • 2021年3月17日

特長

  • 20GB+「LINEギガフリー」が2,480円で利用可能
  • オンラインで契約手続きが完了
    eKYC(electronic Know Your Customerの略、オンライン本人確認システム)を利用するため、eSIM(embedded Subscriber Identity Moduleの略、組み込み式SIM)契約は、顔写真と本人確認書類の写真をアップロードで本人確認が完了
  • LINEクリエイターズスタンプが使い放題
    「LINEスタンププレミアム(ベーシックコース)」(月額240円)を今夏に無料で利用できるよう予定

注意事項

  • スタンプショップの利用は、「LINEギガフリー」の対象外
  • スタンプの保有制限は、最大5個
  • トーク内での位置情報の共有・Liveの利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など一部LINEギガフリーの対象外
基本使用料2,480円
データ容量20GB+「LINEギガフリー」
データ容量超過時の通信速度最大1Mbps
5G対応
通話料20円/30秒

オプションサービス/手数料

オプション料金
通話準定額オプション(5分以内)500円
通話定額オプション1,000円
オプションサービス
サービス対応
テザリング・データシェア30GBまで
国際ローミング
フィルタリング
緊急速報メール/災害用伝言板
各種サービス
手数料対料金応
契約事務手数料0円
SIM交換/再発行0円
MNP転出手数料0円
契約解除料0円
手数料

先行エントリー

PayPayボーナス3,000円分がもらえる「LINEMO先行エントリーキャンペーン」2021年3月16日まで実施されます。

参考

まとめ

「ahamo」がきっかけで始まった「新料金プラン戦争」ですが、「ahamo」一強かと思いきや後出しで他社がより競争力のあるプランを出しています。
「LINEMO」のスマホプランは「povo」と同じ料金でLINEがカウントフリーとされていることと、各種手数料が無料で設定されていることが強みです。
結局横並びになるような気もしますが、サービス開始まではまだ少し期間があるため、「ahamo」、「povo」共に「LINEMO」に寄せてくるかもしれません。
料金としては「楽天モバイル」が一歩リードしている状況です。
楽天以外の各社が横並びになった場合は、エリアや普段よく利用するサービスで選ぶのが良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました