ANA PP2倍よりお得!?「ボーナスプレミアムポイントキャンペーン」は4月25日から

SFC修行
この記事は約7分で読めます。

新型コロナウイルスの感染が流行し緊急事態宣言などで移動が制限される中、搭乗需要を喚起するためにプレミアムポイント2倍キャンペーンを2020年と2021年の2年に渡り実施してきました。
2021年よりも感染拡大状況が落ち着いている中、大々的なキャンペーンは実施されないのではないかという憶測もありましたが、遂に今年も待望のキャンペーンが実施されます。

ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーン

キャンペーンの詳細です。
エントリー不要のキャンペーンです。

キャンペーン内容

ANAおよびANAグループ運航国内線の搭乗1区間につき、ボーナスプレミアムポイント1,000ポイントが積算されます。

ANA便として搭乗したコードシェア便も対象です。

対象搭乗期間

2022年4月25日(月)から2022年7月31日(日)まで

対象路線

ANAおよびANAグループ運航の国内線全路線

対象運賃

マイル積算率75%以上の国内線運賃

対象外の運賃

対象外となるプレミアムポイントの積算率50%は下記の運賃です。
タイムセールやANAにキュン!などで販売されるセール運賃、パック旅行などの個人包括旅行運賃など対象外です。

  • 個人包括旅行運賃
  • 個人包括旅行割引運賃
  • スマートU25
  • スマートシニア空割
  • ANA SUPER VALUE SALEなど
ANAの国内・海外ツアー【ANAトラベラーズ】

対象者

期間中に対象運賃で搭乗したすべてのANAマイレージクラブ会員

積算時期

搭乗日フライトマイル積算日ボーナスプレミアムポイント積算日
2022年4月25日~5月31日~2022年6月15日2022年6月下旬
2022年4月25日~5月31日2022年6月16日~2022年8月15日2022年8月下旬
2022年6月1日~6月30日~2022年7月15日2022年7月下旬
2022年6月1日~6月30日2022年7月16日~8月15日2022年8月下旬
2022年7月1日~7月31日~2022年8月15日2022年8月下旬

注意事項

  • 2022年8月16日(火)以降にフライトマイルを事後登録した場合は対象外
  • マイル積算率50%の国内線運賃を利用し、料金のお支払いやアップグレードポイントの減算によりプレミアムクラスへアップグレードした場合はキャンペーン対象外
  • 欠航や機材変更等のため、予約の便・運賃が変更になった場合は、実際にご搭乗した便・運賃が対象
  • 対象路線に搭乗しなかった場合は、積算の対象外
  • 新たに国または都道府県により新型コロナウイルス感染拡大防止の対策が講じられた場合などキャンペーン中止の可能性あり

キャンペーンの確認方法

ANAのトップページ⇒MYキャンペーン 各種お手続き⇒MYキャンペーン⇒国内線

キャンペーンの詳細はこちらからご確認ください。

ANAの国内・海外ツアー【ANAトラベラーズ】

プレミアムポイント2倍キャンペーンよりお得になる場合

元々得られるプレミアムポイントが1,000ポイント以下であれば2倍以上になります。

また直行便ではない乗り継ぎ運賃(ANA VALUE TRANSIT、ANA VALUE TRANSIT 7、ANA VALUE TRANSIT 28)を利用すると同じ行き先でも時間はかかりますが乗り継ぐことで2区間になり片道で2,000ポイントを積算することができます。
さらに運賃種別がSV75などと異なるため搭乗ポイント1区間ごとに200ポイントが積算されます。

積算率該当運賃例搭乗ポイント
75%ANA VALUE TRANSIT、ANA VALUE TRANSIT 7、ANA VALUE TRANSIT 28200

おすすめ路線

関西⇒羽田⇒小松⇒羽田⇒伊丹⇒羽田⇒小松⇒羽田⇒関西

全てANA VALUE TRANSIT 28で旅程を組め、1日で完結できます。
下記、関空-小松の3,136PP×4で12,544PPを獲得できます。
費用は5万円ちょっとでPP単価は4円台です。

朝の6時過ぎには関空にいないといけないことを考えると移動手段宿泊について考える必要があります。
6:45発で戻ってくるのは22:20です。
1日中飛行機の中の生活になりますので、体中が痛くなると思います。

小松の代わりに富山を利用すると最終便を早めることができます。

小松、能登、富山で時間や運賃を見ながら選択すると良さそうです。

小松空港を利用する方はこちらもご確認ください。

例:羽田-沖縄、秋田、鹿児島

積算率75%の運賃で計算
SVとVT28混在
羽田⇒那覇⇒羽田⇒秋田⇒羽田⇒鹿児島⇒羽田

1日で12,000PP以上稼げる路線です。
6区間で6万円程なのでPP単価は5円を切ります。
羽田⇒那覇の安い運賃を探すのが玉に瑕です。

例:羽田-石垣

積算率75%の運賃で計算

  • 直行便
    1,836PP
    キャンペーン:+1,000=2,836PP
  • 乗継便
    1,476(羽田-那覇)+370PP(那覇-石垣)=1,846PP
    1区間ごとに搭乗ポイントが200ポイント積算されるため+400PP
    キャンペーン:+2,000=4,246PP

例:関空-小松

積算率75%の運賃で計算

  • 乗継便
    420(関空-羽田)+316PP(羽田-小松)=736PP
    1区間ごとに搭乗ポイントが200ポイント積算されるため+400PP
    キャンペーン:+2,000=3,136PP

直行便は今回のキャンペーンで+1,000ポイント、乗継便は2区間のため+2,000ポイントになります。

その他

  • 福利厚生プログラム
    クラブオフやリロクラブを利用した羽田と大館能代の往復
    1区間5,000円のキャッシュバック
  • 長崎から対馬、壱岐、五島福江をピストン
    5月末までは株主優待券の有効期限間近で入手費用が抑えられ、株主優待券を利用した運賃が6,000円台の日もあった

参考

ANA 11月末まで延長の「プレミアムポイント2倍キャンペーン」"2021年秋"がスタート
11月30日まで延長になった「プレミアムポイント2倍キャンペーン」の詳細が発表されました。事前にアナウンスがあった通り那覇・宮古・石垣を発着とする沖縄路線が10月以降の搭乗では2倍キャンペーンの対象外になっています。JALがステイタス所持者に更なるFOPの加算をすることに対し、ANAはキャンペーン期間延長で対応します。
ANA 2021年夏「プレミアムポイント2倍キャンペーン」を11月末まで延長 沖縄は対象外
JALがステイタス所持者に対し更なるFLY ON ポイントの加算を発表しましたが、ANAも追随し「プレミアムポイント2倍キャンペーン」の延長を発表しました。詳細は10月の発表ですが、那覇・宮古・石垣を発着とする沖縄路線が10月以降の搭乗では2倍キャンペーンの対象外になります。
ANA 2021年夏「プレミアムポイント2倍キャンペーン」が7月1日から開始
「2021年夏」の「プレミアムポイント2倍キャンペーン」サイトが公開されました。2020年に引き続き3月22日(月)から実施されている2021年春の「プレミアムポイント2倍キャンペーン」とどう変わったのでしょうか。キャンペーンを延長したことによる功罪を考えると共に、春と夏との相違点を検証しています。
ANA 「プレミアムポイント2倍キャンペーン」を9月30日まで延長
2020年に引き続き2021年も実施されている「プレミアムポイント2倍キャンペーン」ですが、ここにきて延長が発表されました。対象のの搭乗期間は2021年7月1日(木)から2021年9月30日(木)です。その他のキャンペーン詳細については7月に発表されるとのことです。
ANA 待望の「プレミアムポイント2倍キャンペーン」を今年も実施
2021年も「プレミアムポイントが2倍」に。「プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ」や「2021年ボーナスプレミアムポイントと選べる特典の進呈」も含めると搭乗機会が確保しにくい今年のステイタス獲得も例年より容易に。
SFC修行
SFC修行やダイヤモンド修行に関する記事を紹介
ANA
「ANA」に関連した記事の紹介
JGC修行
JGC修行関連

まとめ

昨年はJALの方が先にステイタス所持者に対し更なるFLY ON ポイントの加算を発表し、ANAが「プレミアムポイント2倍キャンペーン」を発表する流れでしたが、今年はANAがキャンペーンを先行して実施しています。

乗継便を使うことでPP単価を抑えられる場合がありそうですが、便が限られるため日帰りをする場合は逆に高くつく場合も出てきます。
羽田であれば上記のように石垣を乗継便で利用すると往復で8,000を超えるプレミアムポイントを獲得できるため搭乗回数を減らす選択肢になりそうです。

宿泊をすると宿泊費用がかさむためPP単価を重視する方は羽田と那覇の往復などの方が日帰りで単価も抑えることができます。
ご都合に合わせて行き先や便を選択してください。

最後まで読んでいただき有り難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました