ANA SFC修行「プレミアムクラス」へのアップグレードはお得なのか

SFC修行

「プレミアムポイント2倍キャンペーン」のおかげで、例年よりはステイタスが獲得しやすくなっていますが、それでも仕事で頻繁に飛行機に乗るような人以外は修行と呼ばれるような非日常的な乗り方をしないとステイタスを獲得しにくいのが現状です。

普通席とプレミアムクラス

修行を行う上で「普通席」と「プレミアムクラス」はどちらを選んだ方が良いのでしょうか。
結論から言うと、答えはありませんのでご自身のスタイルから何を優先するかで選択したものが正解になります。

選択の基準

  • 修行にかける時間(搭乗回数)を少なくしたい
    →プレミアムクラス
  • 身体、精神への負担を減らしたい
    →プレミアムクラス
  • 機内でもてなしを受けたい
    →プレミアムクラス
  • 費用を抑えたい
    →普通席

おおよそ上記のような点が選択の基準になります。
プレミアムクラスでは食事やお酒も出されますが、持ち込めば良いという人にとっては普通席で十分ということになります。

PP単価の比較

多くの人が利用する運賃で比較します。
ここで述べるコストパフォーマンスはPP単価を指します。

変更不可の運賃で普通席として一番コストパフォーマンスが良い運賃は「スーパーバリュー75」です。
同じく変更不可の運賃で初めからプレミアムクラスを予約できる「スーパーバリュープレミアム28」がプレミアムクラスでは一番コストパフォーマンスが高い設定です。

実際の運賃での比較

羽田-那覇の一番安い料金同士で比較します。

SV75

運賃種別:運賃7
区間基本マイル:984
積算率:75%
搭乗ポイント:0

SVP28

運賃種別:運賃2
区間基本マイル:984
積算率:125%
搭乗ポイント:400

SVS(スーパーバリューセール)

運賃種別:運賃8
区間基本マイル:984
積算率:50%
搭乗ポイント:0

運賃SV75SVP28SVS
運賃額¥6,600¥31,100¥7,900
羽田のPFC¥290¥290¥290
那覇のPFC¥120¥120¥120
支払い額¥7,010¥31,510¥8,310
PP1,4762,860984
PP単価¥4.75¥11.02¥8.45

アップグレード料金

プレミアムクラスへの事前アップグレードは空席があれば2日前から可能です。
2日前、1日前は同一料金で当日のアップグレードのみ更に1,000円アップします。
アップグレード料金は距離に応じて各路線ごとに設定されています。
羽田-那覇の場合、下記の料金です。

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
羽田-那覇¥14,000¥15,000

こちらの記事でアップグレードについて書いていますが、注意しないといけない点はアップグレードの場合搭乗ポイント400がつかないことです。
往復で800ポイント違ってきます。

いくらまでであればお得なのか

それではいくらまでの航空券であれば、アップグレードがお得になるのでしょうか。
アップグレードで得られるプレミアムポイントは2,860-400=2,460です。
(元の運賃の積算率に50%が加算されます。例:SV75:75%+50%=125%)
このポイント数にPP単価¥11.02を下回る¥11.01をかけると、¥27,084で事前アップグレードの場合は¥14,000を引きます。
そうるすると¥13,084になります。
¥13,084までであればアップグレードしても、PP単価で得します。
当日料金は¥1,000違うので¥12,084です。
ざっくり¥12,000以下で購入していればアップグレードがお得ということです。
席の確保という面では問題は残りますが、¥10,000程で購入していれば当日でもお得感は増します

セール運賃の場合

タイムセール運賃でアップグレードした場合は、元の運賃の積算率が50%でアップグレードにより50%加算され100%の積算率になります。
得られるプレミアムポイントは1,968です。
アップグレードで¥22,310、¥23,310の支払い額になります。
事前アップグレードの場合はPP単価¥11.34、当日アップグレードのPP単価は¥11.84と悪化します
¥14,000もしくは¥15,000を支払ってプレミアムポイントを倍にすると考えればイメージしやすいかもしれません。
元の運賃が低い代わりにプレミアムポイントの積算率も低いのでPP単価を意識するならばメリットはありません

パックも同じ区分なので同様です。

アップグレードの料金表

東京

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
東京-札幌14,00015,000
東京-稚内7,0008,000
東京-紋別7,0008,000
東京-女満別
東京-旭川7,0008,000
東京-中標津7,0008,000
東京-釧路7,0008,000
東京-帯広
東京-函館7,0008,000
東京-大館能代5,0006,000
東京-秋田5,0006,000
東京-庄内5,0006,000
東京-仙台5,0006,000
東京-名古屋7,0008,000
東京-新潟5,0006,000
東京-富山5,0006,000
東京-小松5,0006,000
東京-能登5,0006,000
東京-八丈島5,0006,000
東京-大阪10,00011,000
東京-岡山7,0008,000
東京-広島10,00011,000
東京-岩国10,00011,000
東京-山口宇部7,0008,000
東京-鳥取7,0008,000
東京-米子7,0008,000
東京- 萩・石見7,0008,000
東京-徳島7,0008,000
東京-高松7,0008,000
東京-松山10,00011,000
東京-高知7,0008,000
東京-福岡14,00015,000
東京-北九州
東京-佐賀14,00015,000
東京-大分10,00011,000
東京-熊本10,00011,000
東京-長崎10,00011,000
東京-宮崎10,00011,000
東京-鹿児島10,00011,000
東京-沖縄14,00015,000
東京-宮古14,00015,000
東京-石垣14,00015,000

大阪

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
大阪-札幌14,00015,000
大阪-釧路7,0008,000
大阪-函館7,0008,000
大阪-青森7,0008,000
大阪-秋田7,0008,000
大阪-仙台7,0008,000
大阪-福島5,0006,000
大阪-新潟5,0006,000
大阪- 萩・石見5,0006,000
大阪-松山3,0004,000
大阪-高知3,0004,000
大阪-福岡7,0008,000
大阪-大分5,0006,000
大阪-熊本5,0006,000
大阪-長崎5,0006,000
大阪-宮崎5,0006,000
大阪-鹿児島5,0006,000
大阪-沖縄10,00011,000
大阪-宮古10,00011,000
大阪-石垣10,00011,000

名古屋

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
名古屋-女満別7,0008,000
名古屋-旭川7,0008,000
名古屋-札幌14,00015,000
名古屋-函館7,0008,000
名古屋-秋田5,0006,000
名古屋-仙台5,0006,000
名古屋-新潟5,0006,000
名古屋-松山5,0006,000
名古屋-福岡5,0006,000
名古屋-大分
名古屋-熊本5,0006,000
名古屋-長崎5,0006,000
名古屋-宮崎5,0006,000
名古屋-鹿児島5,0006,000
名古屋-沖縄10,00011,000
名古屋-宮古10,00011,000
名古屋-石垣10,00011,000

札幌

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
札幌-利尻3,0004,000
札幌-稚内3,0004,000
札幌-女満別3,0004,000
札幌-中標津3,0004,000
札幌-釧路3,0004,000
札幌-函館3,0004,000
札幌-沖縄14,00015,000
青森-札幌5,0006,000
秋田-札幌5,0006,000
仙台-札幌5,0006,000
福島-札幌5,0006,000
静岡-札幌7,0008,000
新潟-札幌5,0006,000
富山-札幌5,0006,000
小松-札幌5,0006,000
岡山-札幌7,0008,000
広島-札幌7,0008,000
福岡-札幌14,00015,000

仙台

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
仙台-広島

福岡

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
福岡-仙台7,0008,000
福岡-新潟5,0006,000
福岡-小松5,0006,000
福岡-対馬3,0004,000
福岡-福江3,0004,000
福岡-宮崎3,0004,000

長崎

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
長崎-対馬
長崎-壱岐
長崎-福江

沖縄

事前アップグレード料金当日アップグレード料金
仙台-沖縄14,00015,000
新潟-沖縄7,0008,000
静岡-沖縄7,0008,000
広島-沖縄7,0008,000
岩国-沖縄7,0008,000
高松-沖縄7,0008,000
松山-沖縄7,0008,000
福岡-沖縄10,00011,000
北九州-沖縄
熊本-沖縄7,0008,000
長崎-沖縄7,0008,000
宮崎-沖縄
鹿児島-沖縄
福岡-宮古10,00011,000
福岡-石垣10,00011,000
沖縄-宮古3,0004,000
沖縄-石垣3,0004,000

参考

まとめ

PP単価を重視するならばやはり普通席が一番です。
羽田-那覇の場合、得られるプレミアムポイントもPP単価も倍ほど違うので時間をあまりかけたくない人はプレミアムクラスがおすすめです。
PP単価の面では「プレミアムポイント2倍キャンペーン」を利用して、普通席のPP単価と並ぶくらいです。
国際線機材のプレミアムクラスであればフルフラットに近い角度までリクライニングもでき、周囲の人との間隔もあるため、ストレスはかなり減ります。
アップグレードがお得かどうかは元の航空券の購入金額に左右されるため、どの路線でもそうですがアップグレードを考えているならばなるべく安い金額で購入しておくとスーパーバリュープレミアムを初めから予約するよりお得になります。

最後まで読んでいただき有り難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました