ホテルクレジット適用外に ANAクラウンプラザホテル大阪

Go To トラベル

私もちょうどひと月前に宿泊したANAクラウンプラザホテル大阪
AMEXのキャンペーンも併用できたのですが、黒字化の穴が塞がれました。

経緯

10月28日から販売された商品が、Go To トラベルの趣旨に反することから販売中止になりました。
赤羽大臣直々にコメントしています。

29日(金)に観光庁と事務局から正式に通達が出ます。

問題となったプラン

超お得な贅沢ステイ!ホテルクレジット30,000円付きプラン

  • 予約期間
    2020年10月28日(水)~2021年1月30日(土)
  • 宿泊期間
    2020年10月29日(木)~2021年1月31日(日)
  • 1泊40,000円から
  • ※ホテルクレジットは、宿泊、ご滞在中の直営レストラン・バーのお支払い等にお使いいただけます。
  • 次回以降のご滞在、お食事にもご利用いただけるよう、2021年3月31日(水)まで有効です。
  • ※ホテルクレジットは、ご本人のご利用に限り有効。譲渡不可。

問題点

ホテルクレジットは、宿泊、ご滞在中の直営レストラン・バーのお支払い等にお使いいただけます。
次回以降のご滞在、お食事にもご利用いただけるよう、2021年3月31日(水)まで有効です。

次回の宿泊に充てられ、高額で換金性が高い点が趣旨に反したようです。

一休.comではクラシックフロアのモダンダブル(食事なし・2名)で72,300円でした。
Go To トラベルで25,655円が割り引かれ、地域共通クーポンも11,000円分付与されるため、実質2名で35,645円になる計算です。
2名で計60,000円分のホテルクレジットが付いてくるので、実質24,355円の黒字になります。

取扱マニュアル<宿泊事業者・第三者機関用> 令和2年10月15日 <Ver.8>より抜粋

公式サイト、オンライン予約サイトの状況

ホテルの公式はアクセス不可になり、じゃらんnet一休.com楽天トラベルは該当なしと表示されます。

ホテルについて

ホテルの南側です。

エントランス

クラブラウンジ

最上階(24階)にあるクラブラウンジです。
日本で2番目に大きいそうです。
(1番目は東京のインターコンチネンタルと聞きました)

19階以上はクラウンクラブフロアとなっており、専用のカードキーが無いと降りることができないようになっています。

窓側の席を案内して頂きました。

ビュッフェ形式のため、料理を取る時は手袋とマスクが必須と説明されました。

使い捨ての手袋はマスクを入れる紙の中に入っています。
撮影用に取り出しました。

ワインやウイスキーも色々な種類があり、ビールはアサヒのスーパードライとハイネケンでした。

料理とデザートです。
海鮮サラダにカルパッチョ、ハム、チーズ、サンドイッチ、揚げ物も少しあります。
デザートはスコーンが2種類とミートパイ、チョコケーキです。
コーヒーもあるので落ち着いた食事ができます。

ライブラリースペースがあり、本棚に履いている本やオセロのゲーム等も自由に使うことができるそうです。

調度品も高級なものを使っていると説明を受けました。

客室

23階の角部屋を用意して頂きました。

残念だった点

バスルームがあまりキレイではありませんでした。
目地は仕方ないのかもしれませんが、バスタブのフチにも汚れが残ったままで外側も水垢が目立っていました。
洗面所の排水溝もドロドロです。
あら捜しをしようと思ったわけではなく、落としたものを拾い上げるために持ち上げただけなのですが、ショックでした。
チェーンのビジネスホテルの方がキレイだと思います。
清掃した人の名前が外国人でしたが、外国の方が清掃するとこうなるのでしょうか。

まとめ

大阪独自の「大阪いらっしゃいキャンペーン」も併用で来たり、他のホテルではミラブルプラスが宿泊プランに組み込まれていたりと、このホテルも人気でしたが少しやりすぎたようです。
以前宿泊した際クラブラウンジの方は、一休.comじゃらんnet楽天トラベルからの予約が9月の4連休は多かったと言っていました。
9月の4連休はクラブフロアが100%の稼働率で20組待ちの反面、一般のフロアは空きもあり逆転現象が起きていたと聞きました。
集客は大切ですが、換金性の高いものはアウトかと思います。

最後まで読んでいただき有り難うございます。

コメント

  1. とある清掃員 より:

    排水のところをわざわざ開けるのは神経質かと。掃除はそんなものだと思います。

タイトルとURLをコピーしました