docomo どこが違う?? 4G/5G「ギガホ」「ギガホプレミア」料金プランの比較

docomo

2021年4月1日(木)からは4G、5G共に料金プランが刷新されると共に旧プランは3月31日で新規受付停止になります。

料金プランの比較

前回の記事の続きで大容量のプランを比較します。

プラン5Gギガホプレミア5Gギガホギガホプレミアギガホ
データ通信量(本来の通信量)無制限無制限(100GB)60GB60GB(30GB)
速度制限3Mbps(100GB超)1Mbps1Mbps
月額料金6,650円7,650円6,550円7,150円
dカードお支払割-170円-170円-170円-170円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
(5G)ギガホ割(6ヶ月)-1,000円-1,000円
合計4,480円4,480円4,380円3,980円
3GB以下の場合-1,500円-1,500円
3GB以下の総額2,980円2,880円
かけ放題1,700円1,700円1,700円1,700円
5分無料700円700円700円700円
国内SMS3円~3.3円~3円~3.3円~
国際SMS50円~50円~50円~50円~

相違点

合計料金だけを比較すると旧ギガホは一番安いですし、旧5Gギガホは新5Gギガホと同じ料金です。
しかしながらこの料金には注意が必要です。
旧料金プランは5Gギガホ、ギガホ共に1,000円の割引がありますが、6ヶ月限定のため7ヶ月後には高くなってしまいます

その他には旧プランはデータ通信量がキャンペーンで無制限ないし60GBになっていることです。
期間は限定されていませんが、いつまで続けられるかわかりません。
それと同時に速度制限も上限超過後は3Mbpsに設定されることになります。
細かい点では国内のSMS送信料が旧プランは0.3円高いです。

注意点

今回は一番安くなる「みんなドコモ割(3回線以上)」という条件で比較しています。
単身の方や家族間で通信会社が違う場合、3回線の上限が満たせなくなります。
2回線では割引が500円に減り、1回線は割引がありません。
60GBも使わないといったような人は「ahamo」を選択肢に入れても良いかもしれません。

5Gギガホ、5Gギガホプレミアに変更したい場合

近いうちに変更したい場合、料金は変わらないため2月からの適用でも問題ありません。
6ヶ月使った後、5Gギガホプレミアに変更すれば料金は一定のままです。

【参考】

まとめ

5Gのエリアはまだ狭いとはいえ、容量無制限で速度制限もなく通信できることは最大のメリットです。
高解像度の動画を日常的に見るようになればあっという間に上限に達します。
100円の差であればあえてギガホプレミアを選択するメリットもないため、5Gギガホプレミアをお勧めします。
Wi-Fiルーターがあれば固定回線を持つ必要が無くなるので、持ち運びの問題は出てきますが1本化することも可能です。
2月や3月にキャンペーンがあれば選択肢も増えるかもしれませんが、現在のところ新料金プランにキャンペーンの予定はありません。
5Gを検討している方は参考にして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました