「ahamo(アハモ)」のメリット・デメリット、他社比較

ahamo

「ahamo」のメリット、デメリットを他社比較を交えて見ていきます。

ahamoのメリット

  • 4G、5G両方に対応
  • 月額2,980円(税抜)で20GB、超過後も1Mbps
  • 5分以内の通話が無料
  • 手数料が無料
    新規、機種変更、MNP転出
  • 定期契約、解約金なし
  • 縛りなし
    家族契約、光回線、最初の〇ヶ月は〇〇円
  • 1,000円につきdポイントが10ポイント付与
  • 82の国や地域でデータローミング可
    容量は国内の20GBと合算
  • SIM契約のみも可

ahamoのデメリット

  • 故障受付を含む全ての手続きがオンライン
    ウェブやアプリ、チャットを利用
  • 契約の申し込みは原則ウェブ
    ショップやインフォメーションセンターは不可
  • ファミリー割引対象外
  • 家族間の無料通話対象外
  • みんなドコモ割の対象外
  • dカードお支払割の対象外
  • 既存の契約から「ahamo」に契約変更する場合、契約年数がリセット
    電話番号はそのままで手数料は無料
  • 3G非対応
  • キャリアメールなし
  • 一括請求不可
    NTTファイナンスの「おまとめ請求」で代替可

他社比較

他社サブブランドとの比較です。

ahamoUqmobileY!mobileRakuten Mobile
プランahamoスマホプランVシンプル20RAKUTEN UN-LIMIT V
事務手数料なし3,000円3,000円3,000円(ポイント還元で実質無料)
月額料金2,980円3,980円4,480円2,980円
データ容量20GB20GB20GB自社:無制限/借用:5GB
超過後の速度1Mbps1Mbps1Mbps1Mbps
容量追加500円/1GB200円/100MB
500円/500MB
不可500円/1GB
通話料5分無料20円/30秒10分無料専用アプリで無料
超過後の通話料20円/30秒20円/30秒アプリ未使用時20円/30秒
かけ放題1,000円1,700円1,000円専用アプリで無料
SMS送信料3円/通3~30円3~30円3円(専用アプリで無料)
5G対応未定未定対応
開始時期2021年3月2021年2月以降12月下旬提供中

※記事投稿時点の内容で税抜き表示です。

先行エントリー

こちらから先行エントリーが可能です。
サービスの提供開始前までにエントリーし対象期間内に契約すると、期間限定のdポイントが3,000ポイント付与されます。

まとめ

「ahamo」のドメインを用意していることや、契約年数の引継ぎができないことなど、当初はサブブランドとして設計していたことが見て取れます。
ドコモがサブブランドではなく新料金プランとして発表したのは、武田総務大臣のサブブランドだけでの値下げは認めないという発言を受けての事だと思われます。
やっとシンプルで競争力のあるプランが出てきたという印象ですが、今まで出せなかったのは高いシェアと独占禁止法が背景にあり、価格を下げることの消耗戦を避ける狙いもあったからです。
メリット、デメリットを挙げましたが、ターゲットとしている若者にとってはデメリットよりもメリットが大きく魅力的なプランに見えます。
年内には3つのセグメント(プレミア、ニュー、エコノミー)のうち、「プレミア」領域(既存のギガホ等)に関しても発表があるようです。
消費者としては今回の発表が競争を促す面でも歓迎できるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました