お金をかけずに那覇で過ごす方法

沖縄

いわゆる修行僧として航空会社の上級会員を目指すには、いかに安い金額でチケットを購入できるかが肝心です。
せっかく安いチケットを購入できても、空港までの交通費が高くついたり、滞在先でお金を沢山使ってしまうと修行の意義が薄れてしまいます。
(お金持ちの人は気にせずお金をジャブジャブ使ってください)
今回はいかにお金をかけずに那覇に滞在できるかを検証してきました。

空港で寝泊まりする

那覇空港は24時間営業をしていないため、空港の中で朝まで過ごすということができません。
空港前のベンチで寝るという手段もありますが、警備員さんに声を掛けられます。
コロナ禍前は結構外国の人とかが空港の玄関前で朝まで時間を潰していました。

昨年の7月から10月は深夜便の運航があり、その時間は空港が空いていました。
開くのは運航の時間だけで2時間開いて1時間閉まるというような、ずっと空港内で時間を潰すことができない開館時間になっていました。

time_open

マクドナルド 小禄店

マクドナルドは24時間営業のお店が多いので、滞在に予算を避けないときは有用です。
今回は那覇空港から歩いて行けるマクドナルドを目指します。

那覇空港を出て右側に歩いていきます。

モノレール沿いに歩いていきます。
那覇空港を出て10分程歩くと“ユニオン”という24時間営業のスーパーが左手に見えます。
夜の遅い時間でも地元の人がチラホラ買い物に来ています。
そのまま道なりに進んでいきます。

トヨタレンタカーが見える交差点を真っ直ぐ進むか、そのままモノレール沿いを歩くとマクドナルドが見えます。
先ほどのスーパーから5分から10分程です。
赤嶺駅からも近いので、ゆいレールを利用すると楽ちんです。
ゆいレールで230円です。
今回は緊急事態宣言が出たため、朝まで時間を潰すことができませんでした。
22時以降は持ち帰りのみです。
便利が良いのか結構ドライブスルーの利用客は多いです。
2階には電源が使用できる席があるので、空港が開くまでの時間までに十分充電も可能です。

快活CLUB 那覇小禄店

せっかくここまで歩いてきたので、新しくできた“快活CLUB 那覇小禄店”を目指すことにしました。
快活CLUB 那覇小禄店は2020年の6月5日にオープンしたばかりです。
Googleマップでマクドナルド小禄店から20分でした。
那覇空港からゆいレール利用した場合270円です。

モノレール沿いに歩いていくと途中で後原ヒージャー小(クシバルヒージャーグヮー)”という井戸の跡を見つけました。
写真を撮ったのは石碑で肝心な井戸は撮り忘れました。
(何が有名なのかわからず写真を撮ったため)

モノレール沿いにを歩くと奥武山公園駅の大きな交差点に差し掛かるので、その交差点を右に曲がり10分程歩くとアクロスプラザ小禄というショッピングモールが見えてきます。
ここの2階に快活クラブがあります。

中の写真です。

シャワールームは2つありました。

奥武山公園駅の近くには球場があります。
駅からの見晴らしも良いので街を一望できます。

空港が開くまで1,000円ちょっとで時間を潰すことができ、シャワーも浴びられるのでコストパフォーマンスはとても良いです。
1時間もキャリーケースを引いて歩くと汗だくだったので、シャワーを浴びられるのはとても助かります。

まとめ

貧乏旅行の記事になりましたが、いかがでしょうか。
観光地にはない史跡等も発見でき、街の生活、空気を感じることができます。
赤嶺と空港までは歩いてもまだ行きやすい距離ですが、奥武山公園まではさすがに遠かったので、空港に行く際はゆいレールを利用しました。
コロコロを引きながら途中スーパーに寄ったりしたので1時間以上かかりましたが、私の歩くスピードで大体一駅15分でした。
一つの目安としてください。

最後まで読んでいただき有り難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました